Digital Business +Design
ITmedia DX
特集
» 2021年10月12日 09時15分 公開

3%増額で30%リターン増も “情強”企業のIT投資に学ぶ「どこを狙うと見返りが大きいか」

デジタル化に強みを見せる企業のIT投資額は他の企業よりも大きい。全体のコストで評価をするとそのリターンは非常に大きいという結果が出た。彼らはどこにどんな投資をしているのだろうか。

[CIO Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

CIO Dive

 

 コンサルティング企業Hackett Groupが2021年6月に発表した調査結果によると(注1)、同社が「デジタルワールドクラス」と呼ぶデジタル分野のパフォーマンスに秀でた企業群はそれ以外の企業と比べてテクノロジーへの支出が3%多く、フルタイム従業員を26%削減しており、エンドユーザー1人当たりの人件費は33%減、アウトソーシング費も41%削減していることが分かった。

 デジタルワールドクラス企業は他の企業よりも36%多くSaaSに投資して、組織の俊敏性や応答性、復元力を強化している。これらの先進企業は、機械学習や自然言語処理、ブロックチェーンなどの新興のテクノロジーに63%も多く投資をしていることが明らかになった。


安易に「前の施策と同じで」と言わない“情強”企業は今どこに投資しているか

© Industry Dive. All rights reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ