ニュース
» 2021年10月14日 17時15分 公開

Google Chromeがセキュリティアップデートを公開 緊急度の高い4つの脆弱性に対応

Google Chromeのセキュリティアップデート版が公開された。最新版以外のプログラムにはバッファオーバーフローにつながる脆弱性が含まれるため、急いでアップデートしてほしい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは脆弱(ぜいじゃく)性を修正したGoogle Chromeを公開した。今回修正されたのは直近で指摘されていたバッファオーバーフローなどの危険性がある4件の脆弱性(CVE-2021-37977、CVE-2021-37978、CVE-2021-37979、CVE-2021-37980)だ。いずれも危険度「高」に分類される。

 これらの脆弱性を利用されるとシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされることから、米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)はアップデートを急ぐよう呼び掛けている。

Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop Chromeのアップデートを知らせるGoogle ChromeのWebページ

脆弱性が存在するバージョンは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ