ニュース
» 2021年10月25日 07時00分 公開

CASB(キャスビー)とはデジタルリーダーの必修用語解説

CASB/Cloud Access Security Broker/キャスビー

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

この記事で分かること

  • CASBとは何か、導入の実態
  • CASBを導入するメリット
  • SASEとの違い、関連記事

 CASB(Cloud Access Security Broker)は、複数のSaaS(Software as a Service)などのクラウドサービスで一貫性のあるセキュリティポリシーを提供するサービスや製品を指す。2012年にGartnerが初めて提唱したセキュリティコンセプトだ。

 CASBは、ユーザーとクラウドサービスプロバイダーの間に、単一のコントロールポイントを設置し、企業のセキュリティポリシーと組み合わせて統合管理するソフトウェアだ。設置場所はオンプレミス、クラウドを問わない。CASBは主に「可視化」「コンプライアンス」「データセキュリティ」「脅威防御」の4つを機能を備える。

SaaSの普及とともに注目が集まるCASB

 テレワークをはじめとした場所を選ばない働き方が普及し、オフィス外でのクラウドサービス利用が増加する中、クラウドセキュリティ対策として従業員のSaaS利用を一元的に管理できるCASBに注目が集まっている。

 CASBを導入すればSaaSの利用状況が可視化されるが、実際に収集したデータを分析して適切なセキュリティポリシーを設定するのには運用面で大きな負担が掛かり、リソース不足の企業では運用しきれないケースもある。これを解決するため、運用監視サービスをメニュー化してセットで提供するベンダーが増加している。この傾向を裏付けるのが、ITRの調査だ。

 ITRの調査によれば、国内におけるCASB運用監視サービス市場の2019年の売上金額は3億4000万円で、2023年までには約5倍に膨らむ見込みだ。

ITRが2020年12月に実施した国内CASB運用監視サービス市場規模推移および予測から引用(出典:ITRプレスリリース)

CASBを導入するメリットは?

 CASB自体はクラウドサービスへのアクセスを制御したり監視したりする仕組み全般を指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ