ニュース
» 2021年11月01日 07時00分 公開

デジタル庁が「ガバメントクラウド」にAWSを採用 “政府公認クラウド”の今後は

デジタル庁はガバメントクラウドとしてAWSを採用した。AWSは今後、直接契約に基づいてクラウドサービスを提供する他、公共機関をサポートする専任チームを日本に設置してイノベーション推進を支援する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS Japan)は2021年10月28日、デジタル庁が各府省庁や地方公共団体、その他の政府機関による共通利用を想定して整備を進める「ガバメントクラウド」のクラウド事業者に採用されたと発表した。同社はデジタル庁との直接契約に基づいて「Amazon Web Services」(AWS)を含むクラウドサービスを提供する予定だ。

AWSが“政府公認クラウド”に 今後の取り組みは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ