ニュース
» 2021年11月10日 07時15分 公開

2021年注目のセキュリティキーワードは ガートナーハイプサイクルに新たに3つが追加

ガートナージャパンは、「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」を発表した。アプリケーションやデータのセキュリティとプライバシーの領域に関するキーワードとして新たに3つが加わった。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパン(以下、ガートナー)は2021年11月9日、「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」を発表した。セキュリティの中でも特にアプリケーションやデータのセキュリティとプライバシーの領域から、ITリーダーやセキュリティリーダーが注目すべき技術や手法、概念を取り上げた。

 ハイプサイクルは、特定の技術やサービス、方法論、プラクティス、コンセプトなどを表す「キーワード」の認知度や成熟度、採用状況などを視覚的に示したガートナー独自の指標だ。各キーワードが時間の経過とともに今後たどる道筋を、時間軸で予測する。横軸に「時間の経過」、縦軸に「市場からの期待度」を置く2次元の波型曲線で表す。ハイプサイクルのフェーズは、黎明期、「過度な期待」のピーク期、幻滅期、啓蒙活動期、生産性の安定期の5つに分かれる。

日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年(出典:ガートナーのプレスリリース)

新たに3つのキーワードを追加 プライバシー領域での最新トレンドは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ