ニュース
» 2021年10月29日 07時00分 公開

「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」が発表「人工知能」が本格的な普及期に

ガートナーは「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。日本市場に特化しており「人間中心のAI」「人間中心のデザイン」「イマーシブ・エクスペリエンス」など新たに16の項目を追加した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(ガートナー)は2021年10月28日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

 同ハイプサイクルは日本市場に特化した16の項目を新たに追加した。ガートナーによれば、今回選定した項目はどれも未来志向型のインフラ技術やトレンドのキーワードで、今後全ての企業にとって重要になるという。

 ハイプサイクルは、技術やサービス、関連する方法論、プラクティス、コンセプトなどを表す「キーワード」の認知度や成熟度、採用状況などを視覚的に示したもの。各キーワードが、ビジネス課題の解決や新たな機会の開拓にどの程度関連する可能性があるかを示す。黎明(れいめい)期、「過度な期待」のピーク期、幻滅期、啓蒙活動期、生産性の安定期という5つのフェーズに区切り、各キーワードが時間の経過とともに今後たどる道筋を時間軸で予測する。

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年(出典:ガートナーのプレスリリース)

今回新たに追加されたキーワードは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ