ニュース
» 2021年11月13日 07時00分 公開

iCloud for Windowsに深刻度「重要」の脆弱性 迅速なアップデートを

「Windows 10」や「Windows 11」で「iCloud」を使用している場合には注意が必要だ。Foundationで任意のコードが実行される危険性が見つかっており、CISAがアップデートの適用を推奨している。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは2021年11月10日(現地時間)、「iCloud for Windows」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正した「iCloud for Windows13」を公開した。今回のアップデートは、システムの制御権が乗っ取られる可能性がある脆弱性の修正を含む。

「iCloud for Windows」のセキュリティアップデート(出典:Appleのブログ)

iCloud for Windowsに存在する脆弱性とは

 Appleは脆弱性の詳細を次のページにまとめている。今回修正された6つの脆弱性のうち、CVE-2021-30814、CVE-2021-30835、CVE-2021-30847、CVE-2021-30823、CVE-2021-30849の5つは深刻度が重要(High)、CVE-2021-30852は警告(Medium)に分類されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ