ニュース
» 2021年11月11日 07時15分 公開

Sambaに8件の脆弱性が見つかる CISAが迅速なアップデートの適用を呼び掛け

OSS「Samba」に影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある脆弱性が見つかった。CISAは迅速なアップデートの適用を呼び掛けている。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Sambaチームは2021年11月9日(現地時間)、「UNIX」系のOSと「Windows」の相互運用に使われるオープンソースソフトウェア(OSS)「Samba」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正したバージョンを公開したと報じた。

 これらの脆弱性を悪用されると、システムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要だ。

「Samba」の脆弱性について報じる米国コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)のWebサイト(出典:US-CERTのWebサイト)

脆弱性が存在するバージョンは

 Sambaチームは今回8件の脆弱性を修正し、脆弱性に関する情報を次のページにまとめている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ