Digital Business +Design
ニュース
» 2021年12月08日 07時00分 公開

AWSがアナリティクスサービス向けの3つのサーバレスオプションを提供開始 あらゆる規模のデータ分析に対応

AWSがアナリティクスサービススイートに向けた3つの新しいサーバレスオプションの提供を開始した。サーバレスサービスのメリットとは何か。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Service(以下、AWS)は2021年11月30日(現地時間)、データウェアハウジングのための「Amazon Redshift」、リアルタイムデータストリームを処理する「Amazon Managed Streaming for Apache Kafka」(Amazon MSK)、オープンソースビッグデータフレームワーク実行基盤である「Amazon EMR」に向けた3つのサーバレスオプションを発表した。インフラのコンフィギュレーションやスケーリング、運用管理は不要で、あらゆる規模のデータ分析に対応できる。

 AWSは、3つのサーバレスオプションについて「基盤となるクラスタやサーバの管理方法の学習に時間を費やすことなく、分析サービスを利用したい顧客の要望に応えた」としている。

 AWSのラフール・パサク(Rahul Pathak)氏(分析担当副社長)は、「採用実績の多い3つの分析サービスのサーバレスバージョンを提供することで、分析ワークロードを実行するためのインフラストラクチャ管理にかかる複雑さを軽減した」と説明する。

 サーバレスバージョンの優れた点とは何か。

データ分析に必要なリソースが自動的に増減

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ