自律走行トラックが大規模展開へ “人間のドライバー”と“自律走行トラック”が協働する将来像とは?Transport Dive

運送会社と貨物をマッチングする「Uber Freight」で自律走行トラックの大規模展開が始まる。自律走行トラックが普及する世界で、ドライバーの役割はどうなるのか。業界関係者はどんな将来像を描くのか。

» 2022年07月14日 09時00分 公開
[Max GarlandTransport Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Transport Dive

 2022年6月28日、自動運転車の開発を手掛けるWaymoは、運送会社と貨物をマッチングするアプリを運営するUber Freightとの長期の戦略的パートナーシップのもと、「Uber Freight platform」で自律走行トラックを大規模展開すると発表した。

自律走行トラックは人間の仕事を奪うのか?

 ニュースリリースによると、自動運転技術「Waymo Driverテクノロジー」を搭載したトラックを運用する輸送業者は「深い製品統合」によって、Uber Freightにシームレスにアクセスできるようになる。

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR