FedExがメインフレーム全廃へ 巨額のコスト削減よりも期待の高い「投資効果」は?CIO Dive

FedExは2024年までにメインフレームを廃止すると発表した。クラウド移行に伴うコスト削減効果は大きいが、同社の新戦略計画「Network 2.0」によると、それ以上に期待されている投資効果がある。

» 2022年07月27日 14時00分 公開
[Lindsey WilkinsonCIO Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

CIO Dive

 FedExは2022年6月29日、「今後2年以内にメインフレームの最後の20%を廃止し、クラウドネイティブアーキテクチャを利用した事業運営を行う」と、同社の投資家会議で発表した。

 データセンターとメインフレームをゼロにすれば「年間4億ドル(約548億円)を節約できる」とカーター氏は述べた。しかし、FedExがメインフレーム廃止に期待する効果は巨額のコストダウン効果だけではない。

毎年約274億円を生む投資効果

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR