ニュース
» 2023年11月30日 09時00分 公開

機内モードでもマルウェアを検知 サイバーリーズンがモバイルセキュリティ製品を強化セキュリティソリューション

サイバーリーズンは機能刷新したモバイルセキュリティ製品「Cybereason MTD」の提供を開始した。モバイルデバイスがオフライン状態でも既知/未知のマルウェアを検知できるという。

[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 サイバーリーズンは2023年11月28日、モバイルセキュリティ製品の機能を大幅に刷新した「Cybereason MTD(Mobile Threat Defense)」の提供を開始した。

サイバーリーズンは、モバイルセキュリティ製品の機能を大幅に刷新した「Cybereason MTD(Mobile Threat Defense)」の販売を開始した(出典:CybereasonのWebサイト)

モバイルデバイスを保護するSOCサービスなども提供

 今回の刷新でセキュリティ機能が大幅に拡充され、既知/未知のマルウェアを機内モードといったようにモバイルデバイスがオフラインの状態でも検知できるようになった。同製品は2023年11月28日から提供開始される。

 昨今、スマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスは業務に必要不可欠となっている。テレワークやBYOD(Bring Your Own Device)が普及したことで、スマートフォンを使った組織内外とのコミュニケーションや業務遂行が日常的になった。

 だが、常にインターネットに接続するといった特徴を備えているスマートフォンなどのモバイルデバイスはフィッシングやマルウェアなどによるサイバー攻撃を受け、情報漏えいや不正アクセスなどに悪用される傾向が増加している。

 サイバーリーズンが今回発表したCybereason MTDはML(機械学習)を導入して既知/未知のマルウェアによる脅威を阻止する他、悪質なWi-Fiやネットワーク攻撃の検知、業務外アプリやWebサイトの制限など、スマートフォンを安全にビジネスで利用するための行動を支援する。

 この他、サイバーリーズンは専門のアナリストが24時間365日体制でスマートフォンへのサイバー攻撃を監視するセキュリティオペレーションセンター(SOC)サービス「Cybereason Managed MTD」を2024年第2四半期に提供開始予定だ。

 サイバーリーズンはこれらのサービスを「Cybereason XDR」と連携することで、スマートフォンのログやPC、サーバ、クラウド、ネットワーク機器のログを自動で相関解析して広範囲にわたる調査の自動化を実現する。サイバー攻撃の全体像をあぶり出すことでインシデントの調査や対応時間を大幅に短縮できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ