キーワード
» 2003年08月09日 00時00分 公開

情報システム用語事典:電子掲示板(でんしけいじばん)

ビービーエス / BBS / bulletin board system / 掲示板システム

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 第三者へ知らせたいメッセージを書き込むことができる、Webサイトやグループウェア内にある伝言板、またはそれを実現するシステム、サービスのこと。BBS、ブリテンボードともいう。

 電子メールと違い、1対1ではなく、多数の人に向けてメッセージや情報を伝えることに適している。あるユーザーが掲示板にメッセージの書き込みを行うと、ほかのユーザー(複数)はこれを読むことができ、読んだユーザーの中である1人がこれに返信を行うと、それもほかのユーザーが閲覧できるようになっている。この繰り返しによって、複数のユーザー間で相互に意見交換を行うことが可能となる。

 リアルタイムのやり取りには参加できなかったユーザーも、過去の発言を読み進むことによって、議論の過程を知ることができる点もメリットである。

 電子掲示板はサーバ(ホストコンピュータ)上に用意され、ユーザーはこれにアクセスしてメッセージの読み書きを行う。システムの機能や設定によって、参加メンバーを制限したり、特定のメンバーにのみメッセージの書き込みを許したり、またはメッセージの削除をできるようにすることができる。通常、削除は書き込んだ本人および掲示板の管理者が行えるようになっている。

 かつてのPC-VANやNIFTY-Serveなどのパソコン通信にも、BBSサービスは存在した。この時代のパソコン通信では掲示板が目玉サービスであり、またパソコン通信における電子メールと電子掲示板の違いは、閲覧者を1人に限定するか、複数人にするかという程度の違いであったことから、パソコン通信サービス全体のことを指して「BBS」ということがあった。

 この時代のBBSは、利用者が会員や登録者に限定されたクローズドで課金されるものが多かったが、インターネットにおけるWeb上での掲示板サービスでは無料で誰でも(匿名で)参加できるものが多い。フリーの電子掲示板サービスとしては「2ちゃんねる」が有名。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -