キーワード
» 2003年08月12日 00時00分 公開

情報システム用語事典:CAE(しーえいいー)

computer aided engineering / シーエーイー / コンピュータ支援エンジニアリング

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 コンピュータによるシミュレーションや数値解析などにより、工業製品や建築物などの設計・開発を支援すること。あるいはそのために使われるツールの総称をいう。

 CADで作成された設計データなどから製品モデルを作成してシミュレーションを行い、その特性を分析することで、製品の強度や性能を評価して設計上の問題点を明らかにしたり、試作品や実物モデルによるシミュレーションを減らしてコスト削減したりといった目的で利用される。

 広義には、設計段階における技術計算、CAD/CAMデータによるシミュレーションによる解析・評価をコンピュータで行うことだが、CADによる設計の前に必要なデータの収集や解析を行うことをいう場合もある。

 考え方としては、米国シンシナティ大学のジェイスン・レモン(Jason R.Lemon)が1970年末に提唱したメカニカルCAEに由来する。これは計算力学(Computational Mechanics)の流れを汲み、機械製品のエンジニアリングにコンピュータを利用し、実験の効率化や開発の短期化を目指すという試みだった。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -