キーワード
» 2004年08月03日 00時00分 公開

情報マネジメント用語辞典:IPセントレックス(あいぴーせんとれっくす)

IP centrex / IPセントレック

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 IPベースのネットワークインフラを、外部のデータセンターにアウトソーシングして運用すること。特に通信系データセンターなどが、IPネットワーク上で電話交換機の機能を提供する「IP-PBX」をホスティングサービスや技術の名称として使われることが多い。

 centrexとは、central(中央)とexchange(交換機)を組み合わせた造語で、電話サービスの集中管理を指す。従来、オフィスの内線電話ではPBXを支社や営業所などの拠点ごとに設置・運用しなければならなかった。これをIP化したIP-PBXでは複数拠点の集中管理が可能となる。

 一般にIPセントレックスとは、この管理設備と業務を第三者(通信事業者など)にアウトソーシングする企業向け電話サービスをいう。IPセントレックスでは、拠点間をIPネットワークで接続することが前提となるため、本支店間通話もIP化することになり、通話料の削減にもつながる。

 2002年後半ごろから、通信キャリアなどによるアウトソーシングサービスも開始されている。この場合、IP-PBXサーバは業者のデータセンターに設置され、ユーザー企業側にはIP電話機を導入するだけでよく、内線電話の管理・保守負荷を削減できると期待されている。

関連用語

▼PBX

▼IP-PBX


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ