連載
» 2004年10月13日 12時00分 公開

中国オフショア開発の成功と失敗の実態オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(2)(3/4 ページ)

[幸地司(アイコーチ有限会社),@IT]

その他の事例では

 そのほか、中国オフショア開発の失敗例をまとめました。

中国オフショア開発の失敗例

  • 上流工程から任せてほしいというベンダの主張を受け入れ基本設計から委託したが、実際には最初から最後まで日本人技術者が中国に常駐しており、コスト削減の効果はほとんどなかった。
  • 契約締結時にベンダへ自社の開発標準マニュアルを提供した。ところが、いざふたを開けてみると、マニュアルは十数年前に制定されたレガシーシステム開発を対象とした内容であり、オープン系開発ではまったく役に立たなかった。
  • 試験発注の小規模プロジェクトで成功したので、次は本格的に大規模プロジェクトを発注した。ところが、前回担当したプロジェクトリーダーはすでに離職しており、また最初から説明をし直すことになった。
  • ベンダとの契約交渉時に、過去プロジェクトで用いたドキュメントのサンプルを見せてほしいと依頼したら、顧客名が記載された設計ドキュメントのコピーをそのまま提示してきた。機密保持の意識がまったくないようだ。
  • 大連のあるベンダは、日本語のできる社員が豊富に在籍しているといううたい文句であったが、実際には同じ人物が異なる名義を使って複数の顧客に対してそれぞれメールを出していることが判明した。
  • 中国ベンダから技術者を日本に招聘(しょうへい)したが、社内の中国人留学生のアルバイト時給を知り、自分の給与水準と比較して不満を外に吐き散らすようになった。やがてモチベーションが低下した彼は、プロジェクト全体の和を乱し、プロジェクト半ばで強制的に帰国させられた。その後、彼はすぐに別の会社に転職したらしい。
  • 仕様変更が発生したので専用の連絡票を使って詳しく説明したところ、「了解しました」との回答が得られたので安心していた。ところが、随分後になってプログラムが修正されていないことが発覚。それをバグ(修正漏れ)だと抗議したが、中国ベンダは真っ向から反論してきた。「当時は連絡票で説明を受けたが、正式に仕様書が修正されていない。だから仕様変更の依頼は受け付けていない」。
  • 日本企業側で、若い人に国際感覚を持たせたいと称して、語学はおろか、基本的なプロジェクトマネジメント知識すら不足している社員をオフショア開発の交渉窓口に就けた。ところが、自分より能力のないものに対して、中国人は反抗的な態度を取ることがある。案の定、中国ベンダは若手社員のいうことを聞かなくなり、プロジェクトは破綻した。

中国オフショア開発の成功例

 もちろん、中国オフショア開発には次のような成功事例も数多くあります。

  • 業務アプリケーション開発や組み込みアプリケーション開発など、さまざまな分野での原価削減、およびプロジェクト損益の改善に寄与
  • 中国人を意識することで、仕様書や設計力が向上
  • 中国ベンダに指導することで、自社のベンダ管理能力が向上
  • オフショア開発の機会を通して国際感覚を磨き、海外進出の足掛かりとする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ