連載
» 2007年06月18日 12時00分 公開

BPTrends(3):BPM市場のこれからを読む (1/2)

米国では、一部先進企業がBPMに力を入れ始めており、それをサポートするベンダやコンサルタントにとってもビジネスとして成り立つようになってきた。BPTrendsのセリア・ウォルフとポール・ハーマンがBPM市場のこれからを読むを読み解く。

[著:セリア・ウォルフ, ポール・ハーマンポール・ハーモン, 訳:宇野澤庸弘(日本BPM協会 副事務局長),@IT]

立ち上がるBPM市場

本稿は、米国BPTrends.comからアイティメディアが許諾を得て翻訳、転載したものです。

 ビジネスプロセス(Business Process)という言葉の意味は十人十色、人によって異なるため、それをどう定義するかがよく話題になる。それがどう定義されるにしろ、ビジネスプロセスに関係する人々のほとんどは、2006年は非常に良い年であり、2007年はさらに良い年になる見込みだということには同意するだろう。

 われわれがさまざまなベンダやコンサルタントと接触したところでは、一部を除いて、彼らの過去数年間においては2006年が最高の年だったと述べている。これはつまり、ユーザー企業がビジネスプロセス・ツールとコンサルタント、社内スタッフとプロジェクトにお金を使うようになり、そして恐らくは2007年もその方向であるということを示している。われわれと話をした業界関係者の多くは、2007年により多くの仕事を期待していた。

 なぜ、ユーザー企業がビジネスプロセス開発に予算を割くようになったのかを尋ねてみると、ビジネスと技術の変化、そしてグローバルコンペティション(競争)だ。これが一流企業をビジネスパフォーマンス向上に焦点を当てた社内再編・開発に対する、いままでに例のない費用と時間の投資に駆り立てたというのだ。M&Aとアウトソーシングは、企業を内部再編に駆り立てる事業の変化の例として挙げられている。このほかにも回答者たちは、BPMS(BPMスイート)やBAMのような新しい技術を含む数々の要因も挙げている。

 状況把握とBPM市場理解のために、われわれはBPTrendsピラミッドに基づいて、戦略/エンタープライズレベル、プロセスレベル、実装レベルのそれぞれで情勢と傾向を考察していく。

図1 2006年の実績と2007年の方向 図1 2006年の実績と2007年の方向

戦略/エンタープライズレベル

 このレベルは、企業全体のパフォーマンスに重大な変化を与える可能性があるので、興味深い。しかし現実には、次のような施策を活発に行っているのはいくつかの先進企業だけである。

  • ビジネスプロセス・アーキテクチャの構築
  • ビジネスプロセス・パフォーマンス測定システムの構築
  • ビジネスプロセス・マネージャと機能部門マネージャの協調
  • 企業を横断したビジネスプロセスの優先順位付け・管理・調整を行うBPMグループ※の設置※の設置

※ BPMグループ=エンタープライズレベルの活動を実施している先進企業では、一般に大きな組織で、かなりの金額を使い、よりプロセス中心になることを支援するビジネスプロセス・コンサルタントを雇っている

 米国政府のEAイニシアティブは、プロセスコンサルタントにわずかな仕事を提供したにすぎなかった。当初、企業の仕事はIT資源の分析と調整に焦点が当たっていた(ザックマン流だ!)。しかし2006年になると、いくつかの政府のプロジェクトでビジネスプロセス・アーキテクチャを一層重視し、洗練された努力を開始した。

この分野における最大のけん引者は、いくつかの政府ロジスティックス組織で共通に知られているSCOR方法論の「サプライチェーンカウンシル」(SCC)である。SCORを理解している者は誰でも、優れたビジネスプロセス・アーキテクチャが組織にどのような効果をもたらすかを即座に理解する。

 SCCはSCORを拡張し、バリューチェーン・プロセスをサポートする意向だ。バリューチェーンカウンシル(VCC)は、VCORフレームワークを完成し、その活用を推進している。テレマネジメントフォーラムのeTOMは、テレコム業界に受け入れられている。同様にACORDは保険業界のプロセスフレームワークとして、ITILCOBITはIT組織から注目を集めている。プロセスフレームワークを利用して、プロセスアーキテクチャやパフォーマンス測定システムを開発し、効率を高める時代がいよいよ現実のものとなってきたのである。

 バランスト・スコアカード(BSC)派の人々は、より戦略的な動きを見せ、より多くのプロセスをBSCモデルに組み込んでいる。SEIはプロセス改善を支援するために、その成熟度モデルを普及させた。そしてOMG(オブジェクト・マネジメント・グループ)では、それとは異なるビジネスプロセス成熟度モデル標準を検討している。これらの構想はすべて、経営者にプロセスという観点から組織を見直すことを奨励している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -