ニュース
» 2008年01月22日 00時00分 公開

NTTコミュニケーションズとマイクロソフトの共同サービス:Windows Live Messenger 2008から050IP電話がかけられる

[谷古宇浩司,@IT]

 NTTコミュニケーションズとマイクロソフトは1月22日、Windows Live 2008を利用してパソコンから050IP電話がかけられる「Windows Live Call by ドットフォン」サービスを開始すると発表した。

 パソコンにWindows Live Messenger 2008をインストールし、画面内にある「電話ボタン」をクリックすると、Windows Live Callが起動する。そこから、NTTコミュニケーションズの申し込みサイトへ移動し、登録フォームに氏名、支払方法などの必要情報を入力すれば利用可能となる。

NTTコミュニケーションズ写真 NTTコミュニケーションズ ネットビジネスIPサービス部 部長 西山敏雄氏

 割り当てられる050のIP電話番号は、「Windows Live ID」1コにつき、ひとつ。どのパソコンからWindows Live Messenger 2008にログインしても、ユーザー専用の050IP電話番号を変えることなく利用できる。

 NTTコミュニケーションズが提供する050IP電話および、無料通話先プロバイダが提供する約400万契約の050IP電話への通話は無料。一般加入電話へは3分8.4円、携帯電話へは1分16.8円、国際電話は1分9円(例:アメリカ)の通話料がかかる。月額利用料は、転送・留守番でんわ機能込みで420円(2008年12月利用分までは210円)。

 NTTコミュニケーションズ ネットビジネスIPサービス部 部長 西山敏雄氏は、同サービスの主な用途を「固定電話の持ち歩き」とする。「転送・留守番でんわ機能」を月額サービスで提供しているのは、主に携帯電話への転送利用を見込んでいるため(一般加入電話への転送も可能)。

マイクロソフト写真 マイクロソフト 執行役常務 オンラインサービス事業部 事業部長 笹本裕氏

 マイクロソフトによると、Windows Liveのユーザーはおよそ550万人。「このうち、VoIP基盤利用者400万人と重なるのは10%程度」(マイクロソフト 執行役常務 オンラインサービス事業部 事業部長 笹本裕氏)という。両社とも、獲得ユーザー目標は開示していない。また、NTTコミュニケーションズは、OCN .Phone(ドットフォン)として既存のIP電話サービスを提供しているが、「Windows Live Call by ドットフォン」とのすみわけについて、「現時点では(厳密に)考えてない」(西山氏)とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ