連載
» 2008年03月21日 12時00分 公開

5分で絶対に分かるBPMS5分で絶対に分かる(5/6 ページ)

[宇野澤庸弘,日本BPM協会 副事務局長]

4分 − BPMスイートの機能

 BPMSのSがスイートとなっている製品、つまり「ビジネスプロセスマネジメント・スイート」の場合、幾つかの機能が集まって、総合的にシステムの早期実現と業務の継続的改善を支援します。

■BPM実行エンジン

 BPMSの中核を成す基盤システムです。モデラーで設定されたビジネスモデルに基づいて、複数のビジネスプロセスを正確かつ柔軟に制御します。Javaなどの実行コードを自動生成するコードジェネレータとして機能するタイプや、外部のアプリケーション(サービス)を順次呼び出して連携させるBPELサーバなどがあります。可用性、拡張性、オープン性、回復制御、履歴管理などの基本機能を提供します。

■プロセスモデラー

 業務プロセスの流れを描くツールです。この作業をビジネスモデリング(ビジネスプロセス・モデリング)などといいますが、BPMSにおいては“仕事の流れ”をフローチャートに描くことだと考えればいいでしょう。モデリングにはいろいろな表記法がありますが、BPMSではBPMNが業界標準です。

図4 「Savvion Process Modeler」で描いたBPMN表記のプロセス図(提供:日商エレクトロニクス)(クリック >> 図版拡大)

■シミュレーション機能

 モデラーで描いたモデルに数値を設定し、シミュレーションを行う機能です。改善案の事前評価を行えます。

■組織モデラー

 企業の人事組織モデル(構造、要素間の関係や設定など)を描くツールです。ビジネスプロセスのモデルとリンクして利用されます。

■ワークフロー機能

 モデル化されたビジネスプロセスをベースに、実際に稼働するワークフローの機能を現場に提供します。

■ビジネスルール管理

 BRMSの機能を搭載、あるいは連携することで、個別のプロセスにおける判断を自動化し、プロセス全体の自動実行を支援します。

■ソフトウェア開発

 モデラーで作成したモデルを基に、実行プログラムを開発するための開発環境です。Eclipsや.NETが利用されます。

■システム連携機能

 ESBEAIの機能を搭載、あるいは連携することで、既存の業務システムとの連携を行います。

■プロセスモニタリング機能

 BAM機能により、業務の実行状況を常に監視・リポートします。問題が発生した際の即時対応、事後の業務改善に役立ちます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ