ニュース
» 2008年09月05日 00時00分 公開

デル、Linuxモデル用意でミニPC市場参入Atom採用、重量約1kg、4万9800円から

[西村賢,@IT]

 デルは9月5日、Atomプロセッサ搭載の小型ノートPC「Inspiron Mini 9」を発売した。重量約1キロ(1035グラム)、1024×600ドット表示の8.9 インチ液晶ディスプレイを搭載。Ubuntu 8.04を搭載した「ベーシックパッケージ」は4万9800円(税込み)と低価格に抑え、ASUSTeK Computerの「Eee PC」や日本ヒューレット・パッカードの「HP 2133 Mini-Note PC」がブームに火を付けた“ミニノートPC”市場に参入した形だ。

 OSはLinuxディストリビューションのUbuntu 8.04を独自にカスタマイズしたものと、Windows XP Home SP3から選べる。ただし、Ubuntuは9月下旬に製造開始予定で販売はオンラインに限られる。メモリサイズやSSDの容量、キーボード(日本語版/英語版)の選択のほか、BluetoothやWebカメラの有無も選択可能。ボディの色は白と黒の2色から選べる。

 Ubuntu、メモリ512MB、4GBのSSD、802.11b/gの無線LANを搭載する「ベーシックパッケージ」が4万9800円(税込み)。Windows XP、メモリ1GB、8GBのSSDの構成の「プレミアムパッケージ」で価格は5万7800円(税込み)。これを16GBのSSD、Webカメラ、Bluetooth搭載した「プラチナパッケージ」では6万4980円(税込み)となる。

 プロセッサにはインテルのAtom N270を採用。バッテリは4セル搭載で駆動時間は3時間40分。その他のスペックは、USBポートを3ポート、5-in-1のメモリリーダ搭載。ファンレス仕様、トレイ構造採用で30ccまでの水滴からキーボードを守る生活防水機能など。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ