ニュース
» 2008年09月16日 00時00分 公開

CRMをソーシャルにします、オラクル成功した営業案件を共有

[垣内郁栄,@IT]

 日本オラクルは9月16日、SaaS型のCRMアプリケーション「Sales Prospector」を提供開始したと発表した。「Oracle Social CRM Applications」製品の第一弾で、主に案件候補を営業担当者に推奨する機能がある。

 日本オラクルの製品戦略統括本部 アプリケーションビジネス推進本部 本部長 塚越秀吉氏はオラクルが進めるSocial CRMについて「個人間のネットワークで生まれる価値をアプリケーションに取り込んでいく」と説明した。個人のノウハウや手法を多くの人と共有し、組織全体のボトムアップを図るという考えが基本にある。

 Sales Prospectorはオラクルの「Siebel CRM」「Oracle CRM On Demand」、他社製のCRMからCSV形式でデータを抽出し、インターネット上のサーバに蓄積。エンドユーザーがWebブラウザでアクセスして利用する。顧客の企業概要やニュース、過去の購買製品から購買パターンを分析し、成約確度や案件規模を評価する。分析結果から見込み客の推奨リストや有効な提案内容をユーザーに示す。価格は1ユーザー当たり月3万4240円。

「Sales Prospector」の利用画面。確度の高い案件がバブルチャートで表示される

 オラクルのCRMアプリケーションでも同様の分析は可能だが、Sales ProspectorはAjaxを使って直感的な操作性を実現。ユーザーが簡単な操作で必要な情報を得られるようにした。オラクルはSocial CRMとして、ほかに営業担当が自身で電子メールを使ったキャンペーンを実施できる「Sales Campaigns」や、提案内容を蓄積、共有できる「Sales Library」などの提供を予定している。

「Sales Library」。共有しているプレゼンテーション資料を探すことができる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ