キーワード
» 2009年01月06日 00時00分 公開

情報マネジメント用語辞典:マクシミン原理(まくしみんげんり)

maxmini principle / マックスミニ原理 / マクシミン規範

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 ゲーム理論における合理的選択の基準の1つ。戦略(ゲームでの行動)を決定するに当たって、各戦略の結果で最も利得が小さい場合同士を比較して、その中から最大利得が可能な行為を選択する行動原理をいう。

 ゼロサムゲームでは、利得を得るプレーヤー(利得の値を大きくしたい側)が、その最低限の利得を確保するための行動原理である。マクシミン原理によって選ばれる戦略をマクシミン戦略といい、それによって得られる利得をマクシミン値という。

 マクシミン値は、相手プレーヤーが最良の手段(ミニマックス原理)を採ることを前提としたもので、相手がミスや錯誤によってほかの戦略を採用する場合、自身は利得をさらに大きくできる別の戦略があることになる。

参考文献

▼『ゲームの理論と経済行動』 フォン・ノイマン、オスカー・モルゲンシュタイン/銀林浩、橋本和美、宮本敏雄=監訳/東京図書/1972〜1973年(『The Theory of Games and Economic Behavior』の邦訳)

▼『ORの話』 大村平=著/日科技連出版社/1989年8月


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -