ニュース
» 2009年12月08日 00時00分 公開

テンプレート活用で短期導入・コスト削減を実現したBIオラクルが新BIアプリケーションを提供開始

[大津心,@IT]

 日本オラクルは12月8日、定義済みテンプレートを用意した分析アプリケーション「Oracle Business Intelligence Applications」(以下、BI Applications)の提供を開始した。日本オラクル 常務執行役員 Fusion Middleware事業統括本部長 ヴィヴェック・マハジャン氏は「日本はまだメインフレームが残っており、いわゆる“スパゲッティ状態”の企業が多い。このような企業に、バラバラのデータを統合して1つのビューを作るBI Applicationsを提供していきたい」と説明した。

瀬尾氏写真 日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 シニアマネジャー 瀬尾直仁氏

 BI Applicationsは、事前に各種テンプレートを用意することで、迅速な導入と業務の役割に応じた利用を可能にしたBI製品。価格は応相談。CRM関連分析機能を主に提供する「CRM Analytics」と、会計関連の分析機能を主に提供する「ERP Analytics」の2種類が用意されている。「Oracle E-Business Suite」「PeopleSoft Enterprise」「Siebel」「JD Edwards」といったオラクル製品やSAPに対して、あらかじめETLマッピングが行ってあるため、これらからデータ抽出する際の設定や作り込みが不要な点が特徴だ。

 日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 シニアマネジャー 瀬尾直仁氏は、「BIシステムの開発において、工数の60〜70%はデータウェアハウス構造の最適化とETL(抽出・変換・挿入)の定義に費やされる。その点、BI Applicationsでは、2000社の導入実績に基づいたベストプラクティスをテンプレートとして提供することで、この部分を大幅に短縮。短期導入とコスト削減を実現している」と説明した。

イメージ写真 BI Applicationsで提供するテンプレートの一部カテゴリ。これ以外に職種別のダッシュボードやレポートテンプレートなどを計数千種類用意しているという

 CRM Analyticsでは、「セールス」「サービス&コンタクトセンター」「マーケティング」「ロイヤリティ」などの項目について、データ収集定義や分析ロジックをあらかじめテンプレートとして用意。ERP Analyticsでは、「会計」「調達&支出」「サプライチェーン&オーダー管理」「プロジェクト」などがテンプレート化されている。また、業種や業務内容別に5000種類以上のダッシュボードやテンプレートなどを用意。これにより、普段から分析を行っているアナリストや専任者でなくても、容易に分析できるとした。

 瀬尾氏は、「Oracle E-Business Suiteなどのオラクル製品導入企業であれば、BI Applicationsと連携が可能だ。連携することで、BIの分析結果を各データソースに反映させることもできる。従来、BIというと現場の人間へのトレーニングが必要で教育コストがかさむため、ハードルが高かった。しかし、あらかじめ利用者別の定義済みダッシュボードやレポート、アラートを用意しているので、簡単なのが特徴だ」と特徴を説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ