ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月01日 08時15分 公開

MS、Windows CE 5.0でIP電話機能を強化

Windows CE 5.0には、複数人数が参加できる電話会議機能、連絡先検索と予定表機能を備えたExchange Serverとの統合といったVoIP対応機能が盛り込まれ、NEC、LG Electronicsなどの各社がこれを搭載した各種VoIP製品を投入する。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月31日、組み込み用OS新版「Windows CE 5.0」のVoIP対応新機能を発表、NEC、LG Electronicsなどの各社がこれを搭載した各種VoIP製品を投入することを明らかにした。この発表は米カリフォルニア州サンタクララで開催のSpring 2004 Voice on the Net (VON) Conference & Expoで行われた。

 Microsoftによると、Windows CE 5.0の新しいVoIP機能として、複数人数が参加できる電話会議機能、連絡先検索と予定表機能を備えたExchange Serverとの統合、統合型メッセージングが盛り込まれる。

 Microsoftと新たにパートナー契約を結んだメーカーはNEC Infrontia、LG Electronics、ミカサ商事、Inter-Telなど。また、IP電話サービス提供企業の米Vonageは、CE 5.0を採用した「ソフトフォン」を投入予定。このソフトでは無線LAN対応のPDAなどにIP電話機能を持たせることが可能になる。

 Microsoftの組み込みデバイス部門ディレクター、スコット・ホーン氏は「Windows CE 5.0の新機能は、さらに高い柔軟性と統合型のプラットフォームで、メーカーによる幅広いVoIP対応のクライアントデバイス開発を支援する」と述べている。→関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.