ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月20日 16時55分 公開

BIGLOBE、無料で最大2000件の拒否条件を設定「迷惑メール拒否サービス」

BIGLOBEは、メールの送信者やタイトルなどのヘッダ情報をもとにユーザーが拒否設定をカスタマイズできる「迷惑メール拒否サービス」を、会員向けに無料で提供する。最大2000の条件が設定可能。

[RBB Today]
RBB Today

 BIGLOBEは、メールの送信者(From:)やタイトル(Subject:)などのヘッダ情報をもとにユーザが拒否設定をカスタマイズできる「迷惑メール拒否サービス」を、会員向けに無料で提供する。最大2,000の条件が設定でき、条件に合うものはサーバ上で削除されるためユーザが受信することはない。

 フィルタ条件に使えるのはFrom、To、Cc、Subject、およびユーザ設定で最大3種類のヘッダが指定可能(X-Mailerなど)。設定できる条件の数は以下のとおり。

 From(送信者):最大1,000件

 To(宛先):最大100件

 Cc(写し宛先):最大100条件

 Subject(タイトル):最大500件

 利用者指定ヘッダ:3項目合計300件

 利用者指定のメールヘッダを条件とするには、ヘッダについての知識がある程度必要。また、このBIGLOBEのサービスに限らずユーザが設定するタイプのフィルタすべてで言えることだが、条件をおおまかに設定(たとえば.comをすべて拒否、など)すると本来受け取りたいメールも拒否(サーバ上で削除)してしまうおそれがあるため、設定には注意が必要だ。