ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年05月13日 18時37分 公開

シャープ、36のコンテンツを搭載した電子辞書「PW-9900」

シャープは、5.4型液晶を搭載する電子辞書「PW-9900」を5月21日に発売する。基本的な辞書にくわえ、「医者からもらった薬がわかる本」「ところんサラサラ血液若返り」といった日常生活に役立つコンテンツを強化した。

[ITmedia]

 シャープは、5.4型液晶を搭載する電子辞書「PW-9900」を5月21日に発売する。「広辞苑」などの基本的な辞書にくわえ、「医者からもらった薬がわかる本」「ところんサラサラ血液若返り」といった日常生活に役立つコンテンツを強化。計36のコンテンツを搭載した。価格は4万2000円。

photo 「PW-9900」

 5.4型のディスプレイは、320×240ピクセルの高反射FSTN液晶。シャープ独自の9ドットLCフォントをはじめ、9/12/16/24/48ドットの5種類の文字サイズを用意した。ワンタッチで自分が見やすい文字サイズを選択できる。

 検索機能は、前モデル「PW-9800」の「絞り込み全辞書検索」と同等だが、日常コンテンツが増えたため、名称を「絞り込み一括検索」に変更した。検索時には、「読み」や「スペル」を1文字入力するたびに候補を絞り込んでいくスタイルで、使用中の辞書だけでなく、ほかのコンテンツも一括して検索対象となるのがポイントだ。

photo 「医者からもらった薬がわかる本」で薬の名前から検索中

 そのほか、よく使うコンテンツだけを自由に選択してオリジナルメニューを作成できる「My 辞書」機能、コンテンツからコンテンツへ次々とジャンプして分からない“ことば”を調べる「Sジャンプ」機能、長い記述の中から例文や補足説明といった部分を省略し、重要な部分だけを表示してくれる「早見」機能などを搭載している。

 電源は単4アルカリ乾電池×2本で、連続100時間の使用が可能だ。本体サイズは139(幅)×106.8(奥行き)×14.8(厚さ)ミリ。本体重量は電池込みで約235グラム。

 搭載コンテンツの概要は下記の通り。

国語系 「広辞苑」「逆引き広辞苑」「パーソナルカタカナ語辞典」「四字熟語辞典」など7コンテンツ
英語系 「ジーニアス和英辞典」など8コンテンツ
健康系 人気のある「家庭の医学」をはじめ、最近注目を集めているキーワード“サラサラ血”を作るための生活習慣や食べ物について解説した「とことんサラサラ血液若返り」を新たに搭載。やはり人気コンテンツの「医者からもらった薬がわかる本」は最新の2004年版になった。計3コンテンツ
生活 「マイペディア」百科事典、「世界の名言・名句」、ベーキングソーダの使い方を紹介する「魔法の粉ベーキングソーダ」など7コンテンツ
ビジネス 「日経パソコン用語辞典2004」と「日経エレクトロニクス略語小辞典」を搭載。2コンテンツ
旅行 旅行会話集「わがまま歩き旅行会話」の「英語」「イタリア語」「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」「韓国語」版を搭載。これに「らくらく旅の中国語」をくわえた計7カ国語に対応したほか、「トラベル英会話」も搭載。計9コンテンツ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.