ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月15日 09時33分 公開

AOLのウイルス遮断件数が10億件突破

[ITmedia]

 米America Online(AOL)は5月14日、加入者向けのウイルス対策サービスを約1年前に開始して以来、現在までに遮断したウイルス付き添付ファイルが10億件を突破したと発表した。

 サービス開始以来、加入者1人につき10日に1度の割合、平均で30種のウイルス攻撃に見舞われている計算だという。

 同社が昨年4月から提供しているウイルス対策サービスでは、McAfee VirusScanを使って加入者あてに送受信されるメールの添付ファイルを自動スキャンしている。これに加えて月額2.95ドルの追加料金で、電子メールだけでなく、悪質なWebページスクリプトなど各種の脅威からPC全体を保護するプレミアムサービスも提供中。

 AOLの最高信頼責任者タティアナ・ガウ氏は「高速接続の時代に移行する中、ベーシックなブロードバンド接続ではハッカーやウイルス攻撃に対してホームコンピュータが無防備になってしまうため、ウイルス対策はさらに重要性を増している」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.