ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月15日 09時34分 公開

4月のスパム微増、64%に

[ITmedia]

 電子メールセキュリティ企業Brightmailが公表した統計によると、4月中に同社のフィルターを通過したメール約960億通のうち、スパムメールが占める割合は64%に上った。

 3月の63%からは微増、同社が統計を公表している昨年5月の48%に比べると1年間で大きく増大している。

 4月のスパムメールの内容は、一般的な商品やサービスを売り込む製品関連が23%で最も多く、次いで投資やローンなど金銭・金融がらみの内容が18%。ポルノなどのアダルト関連は15%を占めた。季節柄、医薬品や健康食品などを売り込むヘルス関連(9%)、旅行やカジノなどのレジャー関連(7%)といったスパムも増加している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.