ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年05月21日 16時10分 公開

リンクシス、ダブルアンテナを備えたWireless-Gシリーズ新製品

リンクシスは同社無線LANルーター「Wireless-Gシリーズ」の新製品として、802.11 b/gに対応した「WRT54G-JP V2」を発表、6月下旬から発売する。新製品は電波の“飛び”に注目、2本の外部アンテナを備えている

[ITmedia]

 リンクシスは同社無線LANルーター「Wireless-Gシリーズ」の新製品として、802.11 b/gに対応した「WRT54G-JP V2」を発表、6月下旬から発売する。価格はオープンだが、同社オンラインショッピングサイト「リンクシスダイレクト」での販売価格は12390円。

photo 2本の外部アンテナを備えたWRT54G-JP V2。レイアウトも横置きとなっている

 新製品は電波の伝達性に注目、 同社無線LANルーター「WRV54G-JP」のようなシングルアンテナではなく、「WAP54G-JP V2」(無線LANアクセスポイント)のような2本の外部アンテナを搭載することによってアンテナ性能を高めているのが特徴。

 無線規格は802.11b/g。PPPoEマルチセッションにも対応しているので、インターネットとNTT東西のフレッツ・スクウェアへの同時接続も可能。

 セキュリティ機能としてはハードウェア処理の64/128bit WEP、WPA(TKIP、AES)、 802.1x、MACアドレスフィルタリング、SSIDブロードキャスト停止設定などを持つ。また、SPI(ステートフルパケットインスペクション)、VPNパススルー、各種フィルタリング機能を持つファイヤウォール機能も備える。

 また、既に発売されている無線LANカード「WPC54G-JP V1.2」を組み合わせた「WRT54G/P-JP V2」も同時に発売される。こちらの価格もオープンで、リンクシスダイレクトでの価格は14490円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.