ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年06月17日 17時50分 公開

アッカ、47MbpsADSLサービスを8月に開始

「40Mbpsサービス」の一部を「47Mbpsサービス」として無償アップグレード。

[ITmedia]

 アッカ・ネットワークスは6月17日、ADSL接続サービス「40Mbpsサービス」の一部の下り速度を、8月上旬から最大47Mbpsに引き上げ、サービス名を「47Mbpsサービス」に変更すると発表した。

 基地局から1.4キロ以内の回線に適用している「クアッドスペクトル技術」を改良することで高速化が可能になった。40Mbpsサービスのユーザーのうち、同技術を採用している約3割が高速化の適用対象。モデムのファームウェアアップデートを行なうことで高速化に対応できる。ファームウェアは8月上旬から提供する。

 情報通信技術委員会(TTC)での協議が終了次第、上り速度も3Mbpsに引き上げるとしている。

 また同日、40Mbpsサービスユーザー約1万5000件の下り速度と、NTT基地局との距離の相関を調べたフィールドデータを公開した。線路距離1キロ以下のユーザの91.6%が20Mbps以上で接続しており、1−2キロ以下なら約44.5%が15Mbps以上で接続しているとの結果だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.