ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年10月04日 20時03分 公開

“未来館”と“生活夢館”――新生松下ショールームがオープン

松下グループの情報受発信拠点として、未来発信を行う「パナソニックセンター東京」と快適生活の夢を提案する「ナショナルセンター東京」という2つのショールームが10月5日にオープンする。

[西坂真人,ITmedia]

 松下電器産業と松下電工は10月4日、松下グループの情報受発信拠点として10月5日からオープンするショールーム「パナソニックセンター東京」「ナショナルセンター東京」のプレス向け内覧会を実施した。

 従来から松下電器はパナソニックセンター、松下電工は汐留ショールームをそれぞれ個々に活用してきたが、2つのショールームを新生松下グループ全体の情報受発信拠点として再構築し、大幅に改装してのリニューアルオープンとなる。

 東京・有明のパナソニックセンター東京は、「現在」「近未来」「未来」へとつながる松下グループのビジョンと技術を結集。ユビキタス/環境/UDを基本に技術イメージや企業イメージを提案している。

photo 東京・有明のパナソニックセンター東京

 1階は中央に走る「ユビキタスネットワーキングストリート」と、その周囲に広がる「FUTURE」「TOMORROW」「TODAY」の各“タウン”を舞台に街づくりの商品群を展示。街中には動画看板が配置され、入口で登録したRFIDと連動して入場者の属性にあった情報を案内してくれるなど、ユビキタスネットワーク社会でもたらされる楽しさや夢をユーザーに体験してもらうフロアになっている。

photo 1階中央にはRFID対応動画看板(下)などが配置された「ユビキタスネットワーキングストリート」が走る
photo
photo 「FUTURE」では壁面一体型の大型テレビ「デジタルウォール」(上)やインテリジェントテーブル(下)など“テレビの未来”を中心とした未来ビジョンを展示
photo
photo 「TOMORROW」ではAVCサーバ(下)など近未来ビジョンを訴求
photo
photo VIERAなど主要新製品やコア技術を展示する「TODAY」

 そのほか2階では、環境に関する技術を紹介する「環境ショウケース」、ユニバーサルデザインのコンセプトや研究を紹介する「ユニバーサルデザインラボ」などが用意されている。

 また東京・汐留のナショナルセンター東京は、松下グループの目指す生活快適ソリューションを提案。従来からのくらし提案に、AV/セキュリティ製品などデジタルネットワーク商品群を加えてユーザーが求める“夢の暮らし”を、体験・体感を通じて紹介している。

photo 東京・汐留のナショナルセンター東京

 ユーザーが「こんなふうに暮らしたい」と思う憧れのくらし方や住まい方を10の「シーン」で紹介。ナショナル商品とパナソニック商品を融合させ、魅力的な住まいやくらし方を住空間モデルで提案している。

photo 液晶プロジェクターなど充実のAVシステムで、書斎を本格シアタールームへ。「映画も読書も楽しめる“お父さんの隠れ家”」(同社)
photo 都心の間取りでクリーンスタイル家電を使いこなした機能的なくらしのシーンを展示。家電をインテリアとして提案している
photo ワイヤレスインターホンなどホームセキュリティ製品を紹介

 松下電器産業副社長の戸田一雄氏は新しいショールームについて「我々は家電製品から住宅設備機器、はたまた乾電池まで扱うなど、世界でもこれほど幅の広い業容の企業はない。時代はユビキタス、地球環境、ユニバーサルデザインなど新しい対応が求められている。新時代の中で、新しい松下の姿を紹介していきたいということで、東京の2カ所のショールームをリニューアルした。パナソニックセンター東京は松下グループの未来発信を行う“松下未来館”、ナショナルセンター東京は快適生活の夢を積極的に提案する“生活夢館”となっている。いろんなことにチャレンジする松下の思いを2つのショールームで感じてもらいたい」と語る。

photo 松下電器産業副社長の戸田一雄氏

 パナソニックセンター東京/ナショナルセンター東京は10月5日午前10時から一般ユーザー向けにオープンする。オープンから11月4日までの1カ月間に来場したユーザーの中から抽選で東京ディズニーランド/東京ディズニーシーのパスポートチケットが当たるプレゼントも実施される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.