ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月12日 18時33分 公開

Mora、配信ルールを一部変更―― 東芝EMIの楽曲がCD書き込み可能に

Moraが配信している楽曲についてルールを一部変更、東芝EMIの楽曲についてはダウンロード購入した後にCDへ焼けるようになった。

[ITmedia]

 レーベルゲートは、音楽配信サービス「Mora」で提供している東芝EMIの楽曲について、使用ルールの変更を発表した。

 新しい使用ルールは「OpenMG対応機器への転送回数無制限」「音楽CDへの書き込み(CD-DA化)を1曲あたり10回まで許可」というもの。このルール変更は11月17日正午以降に販売される楽曲に適用され、これ以前に購入した楽曲については適用されない。

 これまで、「OpenMG対応機器への転送回数は3回(チェックイン/アウトを繰り返す場合はこの限りではない)」、「音楽CD(CD-DA)への書き込みは不可能」となっていたが、仕様の変更されたSonicStage 2.3 for Moraの提供開始にあわせ、東芝EMIの楽曲がいち早く対応した格好だ。

 Moraでは東芝EMI以外にもソニー・ミュージックエンタテインメント、エイベックス、ビクターエンタテインメントなどが楽曲を提供してるが、これらレーベルについてのルールは従来通りとなっており、変更が行われる場合には1週間前程度に告知される予定となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.