ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年01月06日 10時44分 公開

松下/三菱/ソニー、電力線通信のアライアンス設立

松下電器産業、三菱電機、ソニーの3社が、電灯線を利用したホームネットワーク技術「高速電力線通信(PLC)」のアライアンス(仮称:CEPCA)を設立。

[ITmedia]

 松下電器産業、三菱電機、ソニーの3社は1月6日、電灯線を利用したホームネットワーク技術「高速電力線通信(PLC)」の相互接続仕様確立に向けたアライアンス(仮称:CE-Powerline Communication Alliance=CEPCA)を設立すると発表した。

 PLCは、家庭に既設されている電灯線を通じて高精細な映像コンテンツの視聴やIP電話を利用できる有線系ネットワークで、簡単接続/高セキュリティなどのメリットから次世代ホームネットワークを支える通信技術として期待も高い。

photo 宅内でのPLCイメージ図

 だがPLCベースのホームネットワークを宅内に構築するには、機器供給メーカー間での共通仕様の確立が求められていた。今回の3社によるアライアンスによって、ホームネットワーク適用体系の明確化や相互接続の仕組みなど、PLC共通仕様の確立が推進される見込み。

 新しく設立するアライアンスでは、全世界の家電メーカーやIT企業に協力を呼びかけ、PLCを利用したホームネットワークの普及促進を図るという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.