ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年01月08日 11時28分 公開

2005 International CES:フルHD映像をリアルタイムにH.264へ変換〜パイオニア

パイオニアはCESの同社ブースにて、フルHDの映像をH.264にリルタイムエンコードするデモを行っている。

[渡邊宏,ITmedia]

 パイオニアはCESの同社ブースにて、フルHDのRAWデータ映像をH.264に変換するデモを行っている。

photo フルHDの映像をH.264へ変換するエンコーダ

 行われているデモは、HDDに収められた1920×1080i/30fpsというフルHD(RAWデータ)の映像を、可変ビットレートのH.264へリアルタイムにエンコードするというもので、エンコーダはH.264のメインプロファイル レベル4.1に対応する。同様のデモは昨年11月に開催されたCEATEC JAPANでも行われたが、当時はHD映像のリアルタイムエンコードは実現できず、SDに留まっていた。

photo デモの様子。左に収められたソースを中央のエンコーダでエンコード、右のデコーダでディスプレイに映し出している

 「これまでフルHD映像のエンコード処理にはかなり時間と計算機のパワーが必要だったが、このエンコーダではパラメータもリアルタイムで変更しながらのエンコードが可能になっており、作業性は格段に向上する」(同社)

 現時点では入力から出力までに2〜3秒のタイムラグがあり、完全なリアルタイムエンコードではないが、H.264はBlu-ray DiscとHD DVD双方でサポートされるために、同社では改良を進めながら、実用化を目指す方針だ。

 「まずは小型化を進める。現在はまだ研究開発の段階だが、エンコード/デコードのワンチップ化まで実現すれば、プラズマテレビやBDレコーダーなどへの搭載を目指したい」(同社)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.