ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年03月10日 14時39分 公開

SII、定期入れサイズの語学学習用プレーヤー〜MP3再生/電子辞書付き

SIIは、語学学習用マルチリスニングプレーヤー”「Dr.VOICE neo(ドクターボイス ネオ)『SV-E1100』」を4月下旬に発売する。語学のリスニング学習に必要な、“学習テキスト表示”“音声再生”(MP3再生)そして“電子辞書”をコンパクトなボディにまとめた。

[ITmedia]

 セイコーインスツルは、語学学習用マルチリスニングプレーヤー”「Dr.VOICE neo(ドクターボイス ネオ)『SV-E1100』」を4月下旬に発売する。語学のリスニング学習に必要な、“学習テキスト表示”“音声再生”(MP3再生)、そして“電子辞書”をコンパクトなボディにまとめた。希望小売価格は、コンテンツカード1枚が付属して4万8000円。

photo 「Dr.VOICE neo(ドクターボイス ネオ)『SV-E1100』」。対応OSは、Windows Me以降。重量は約133グラム

 本体は、112(幅)×71(高さ)×16(厚さ)ミリの“定期入れサイズ”だ。ディスプレイはモノクロ16階調のタッチパネル付きFSTN液晶で、解像度は320×240ピクセル。標準でMP3再生機能や英和・和英辞典を搭載しており、“音声を聞きながら文字を見る”など効果的なリスニング学習が可能になるという。

 SDカード型の専用メモリカード「シルカ」カード・ブルーに対応。旺文社「TOEIC テスト リスニング」シリーズの3種類をラインアップ。本体パッケージにコンテンツカード1枚を付属したセットとして販売する(下表参照)。SIIでは、今後1年間で10種類程度のコンテンツカードを発売する予定だ。

 学習時に便利な機能として、聞き取れなかった文章をボタン1つでリピートする「センテンスリピート機能」、音声スピードを9段階で調節できる「再生スピードコントロール機能」、英文と日本語訳を瞬時に切り替える「表示切替機能」などを搭載。さらに、学習コンテンツから内蔵の電子辞書へジャンプすることも可能。辞書は、大修館書店の「ジーニアス英和辞典」「ジーニアス和英辞典」を本体に収録している。

 また、市販のSDカードを使えば、パソコンからUSB1.1ポートを介してMP3データを転送し、音楽を聴くこともできる。電源はリチウムイオン充電池を使用しており、一般的な学習(連続表示1時間あたり音声を20分間使用、バックライトは非点灯)なら約17時間の連続使用が可能だ。音楽再生時は連続約8時間となる。

製品型番 同梱カード カード収録コンテンツ セット価格
SV-E1100T1 LC-A001 「TOEICテスト はじめてのリスニング」
「TOEICテスト 英単語・熟語マスタリー2000」
4万8000円
SV-E1100T2 LC-A002 「TOEICテスト リスニング600点」
「TOEICテスト 英単語・熟語マスタリー2000」
4万8000円
SV-E1100T3 LC-A003 「TOEICテスト リスニング730点」
「TOEICテスト 英単語・熟語マスタリー2000」
4万8000円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.