ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年04月21日 16時46分 公開

あいちゃんも感動――三菱、オートターンと新映像エンジンの新・液晶TV (1/2)

三菱電機が液晶テレビ“REAL”シリーズの新製品7モデルを発表。イメージキャラクターには、秘蔵っ子の“あいちゃん”を満を持して投入した。

[西坂真人,ITmedia]

 三菱電機は4月21日、液晶テレビ“REAL”シリーズ新製品として15〜37V型までの7モデルを発表した。5月下旬から順次発売する。26V型以上の上位3機種がBS/110度CS/地上デジタルチューナー搭載のデジタルハイビジョン対応機となっている。価格はすべてオープン。

photo

 ラインアップや実売予想価格などは以下の通り。

画面サイズ チューナー対応 型番 実売予想価格 発売時期
37V型 BS/110度CS/地上デジタル・ハイビジョン LCD-H37MX5 42万円前後 6月上旬
32V型 BS/110度CS/地上デジタル・ハイビジョン LCD-H32MX5 29万円前後 6月上旬
26V型 BS/110度CS/地上デジタル・ハイビジョン LCD-H26MX5 25万円前後 6月上旬
20V型 D2端子搭載アナログBS LCD-20V5S 9万5000円前後 8月上旬
20V型 D2端子搭載 LCD-20V5 9万円前後 5月下旬
17V型 D3端子搭載ワイド LCD-17X5 8万円前後 5月下旬
15V型 D2端子搭載 LCD-15X5 6万円前後 6月上旬
photo 大画面MX5シリーズ(左から26V/32V/37V型)
photo シリーズ最上位機種の37V型(LCD-H37MX5)

 デジタルチューナー内蔵の大画面MX5シリーズ(26V/32V/37V型)には、リモコンで画面が左右に動く「オートターン」機能を搭載。同社のブラウン管テレビではおなじみとなっている便利な機能だが、新製品の可動範囲は左右それぞれ30度とブラウン管(左右15度)よりも振り角が大きくなっている。

photo 左に最大角度で振った位置がベストポジションだとすると……
photo 右にギリギリまで振ったときは最大60度向けられる

 「液晶テレビは(ブラウン管に比べて)視野角の狭さが課題だった。オートターン機能によって、部屋のどこからでも正面からのベストポジションで高画質を楽しめる」(同社)

 またMX5シリーズには、グループ会社のルネサス テクノロジと共同開発した高画質回路「Diamond EngineIII」を搭載。適正なコントラストを保ちながら暗部の映像再現性を改善したほか、自然で滑らかな輪郭強調、独自カラーマネジメント技術などで「色鮮やか」で「スッキリ鮮明」な映像を楽しめるという。

photo Diamond EngineIIIにより、従来“黒つぶれ”で見えなかった映像部分の再現性を大幅に改善したという

 そのほか、チャンネル切り替え時や電源投入時でのデジタルチューナーの反応速度を業界トップレベルにしたほか、部屋の明るさを自動検知して消費電力を最大50%カットする「明るさセンサー」機能、主電源OFF時の消費電力ゼロワット設計など、使いやすさと省エネを考慮した製品になっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.