ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年08月10日 17時51分 公開

マランツ、アルミパネルのエントリー向けCDプレーヤー「CD5001」

マランツが、CDプレーヤーのエントリー機「CD5001」を発表。アルミ押し出し材を採用したフロントパネル、定評ある高音質回路を搭載。2万9400円。

[ITmedia]

 マランツは8月10日、CDプレーヤーのエントリー機「CD5001」を発表した。9月下旬に発売する。価格は2万9400円。

photo CDプレーヤーのエントリー機「CD5001」。カラーはゴールドとブラックを用意。専用リモコンを付属

 アルミ押し出し材を採用したフロントパネルを採用。同時発表のプリメインアンプ「PM4001」とデザインを共通にするとともに、剛性に優れたアルミ材によりCDドライブから発生する微振動の減衰にも大きな効果を発揮するという。

 シーラスロジック製D/Aコンバーター(CS4392)を採用して高音質化を図っているほか、音質に定評のあるインプットバッファー搭載のヘッドホン回路も装備。ワンタッチで10秒前を再生できる「クイックリプレイ」、楽器練習や語学学習用に役立つ「ピッチコントロール」などの便利な機能を搭載した。CD-R/RW再生対応。

 サイズは440(幅)×283(奥行き)×87(高さ)ミリで重さは約4キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.