ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年01月20日 20時05分 公開

水でウイルスをやっつける「空間清浄システム」が登場

三洋電機は、電解水を利用して空気中に浮遊するカビ菌やウイルスを除去する“空間清浄システム”を発表した。風邪やインフルエンザが流行する季節を前に、学校や病院といった不特定多数の人間が集まる場所へ導入を進める。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 三洋電機は1月20日、業界初の“業務用空間清浄システム”「VW-VF8A」を発表した。学校や病院など「不特定多数の人間が集まる場所」への導入を想定したもの。電解水を利用して空気中に浮遊するカビ菌やウイルスを除去する新技術「virus washer」を搭載している。

photo 「VW-VF8A」は29万8000円(税別)。三洋コマーシャル販売から2月1日に発売予定だ。外形寸法は1085(幅)×230(奥行き)ミリ。重量は37キロ

 「virus washer」は、電解水を浸透させた「除菌エレメント」に空気を通過させ、空気中のウイルスを除去する仕組み。水道水を電気分解すると、塩素イオンからHCIO(次亜塩素酸)が生成され、さらにヒドロキシラジカルとなる。これに空気中のウイルスが接触すると表面の“スパイク”(ウイルスの表面タンパク)が破壊され、感染力がなくなるという。三洋電機と除菌エレメントを共同開発した群馬県衛生環境研究所によると、「電解水と除菌エレメントの組み合わせにより、空気が1回通過するだけで99%の浮遊ウイルスを無害化できる」。

photo 「除菌エレメント」の構造。ハニカム構造のエレメントに電解水を滴下し、そこに空気を通す(出典は三洋電機)
photo ウイルスが無害化する仕組み

 しかも、電解水は水道水から作られるため、「環境や人に優しく、低コスト」。空気がフィルターを通過する際、フィルター内の水分が気化するため加湿効果もある。

photo 試験結果

 VW-VF8Aには、3つの運転モードが用意されており、最も強い「急風」の風量は8立方メートル/分。「たとえば180立方メートルの教室なら、1時間に空気を2.7回循環させることができる」というパワフルさだ。群馬県衛生環境研究所のシミュレーションでは、学校の教室を想定した空間(約60平方メートル/天井高2.85メートル)で同機を運転した場合、10分後にはウイルス数(単位空間あたりのウイルス密度)がほぼ半減。30分後には75%減になったという。

 三洋電機では、風邪やインフルエンザが流行する季節を前に、学校や病院など不特定多数の人間が集まる場所への導入を勧めていく。また「virus washer」の技術を民生用のエアコンや空気清浄機へも応用する方針。具体的な製品スケジュールは示されなかったが、「次の梅雨シーズンを目途に、できるものから採用していきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.