ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月23日 17時44分 公開

エムピオ、アクセサリー感覚のポータブルオーディオ2製品を発売

エムピオ・ジャパンは、ポータブルオーディオプレーヤーの新製品「FL400」と「FY700」を3月17日から順次発売する。いずれもフラッシュメモリタイプで、小型ボディを生かしたアクセサリー感覚のプレーヤーとなっている。

[ITmedia]

 エムピオ・ジャパンは、ポータブルオーディオプレーヤーの新製品「FL400」と「FY700」を3月17日から順次発売する。いずれもフラッシュメモリタイプで、小型ボディを生かしたアクセサリー感覚のプレーヤーとなっている。なお、同社直販サイト「mpio Direct Online Shop」では、既に先行予約の受け付けを開始している。

photo ネックレスタイプの「FL400」はブラックのみ。512Mバイトモデルが1万4800円、1Gバイトモデルが1万8800円

 FL400は、「世界最小」(同社)のネックレスタイプデジタルオーディオプレーヤー。外形寸法は46(縦)×28(横)×13.5(厚さ)ミリで、重量は25グラム。MP3/WMA/Ogg Vorbisをサポートしており、内蔵バッテリーで約9時間の連続再生が可能だ。FMラジオやボイスレコーディング機能、タイマー録音機能なども備える。

 マスストレージクラスをサポート。PCとUSB2.0で接続して楽曲ファイルの転送が行える。また、付属ソフトの「media Sync Manager」を使用すると、MP3ファイルに歌詞情報を付加して、カラオケのようにディスプレイに歌詞を表示できるという。

 3月17日発売予定。価格は512Mバイトモデルが1万4800円、1Gバイトモデルが1万8800円。

オプションで姿を変えるオーディオプレーヤー

photo スティックタイプの「FY700」は、別売のアクセサリーを購入することで「カラビナタイプ」「ネックレスタイプ」「バンドストラップタイプ」に早変わり。512Mバイト版が1万800円、1Gバイト版は1万4800円

 一方の「FY700」は、“ファッショナブル”をコンセプトにしたスティック型のデジタルオーディオプレーヤーだ。ボディカラーはホワイトとブラックの2種類があり、別売のアクセサリーを購入することで「カラビナタイプ」「ネックレスタイプ」「バンドストラップタイプ」に早変わりする。

 音楽ファイルは、MP3およびWMAをサポート(Windows Media DRM対応)。FMチューナーやボイスレコーディング機能を搭載するほか、語学学習などに便利な7段階(50〜200%)の再生スピードコントロール機能を備えた(MP3のみ)。

 外形寸法は、84(縦)×32.5(横)×13.2(厚さ)ミリ。重量は29.5グラム。電源は単四形アルカリ乾電池×1本で、約20時間の連続再生が可能となっている。直販価格は、512Mバイト版が1万800円、1Gバイト版は1万4800円。3月24日に発売する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.