ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月24日 16時24分 公開

DIGITAL COWBOY、1ビットアンプ搭載のiPod用スピーカーシステム

DIGITAL COWBOYは、1ビットデジタルアンプを搭載したiPod用スピーカーシステム「IP200」を発表した。3月上旬の発売。予想店頭価格は8980円。

[ITmedia]

 DIGITAL COWBOYは2月24日、1ビットデジタルアンプを搭載したiPod用のスピーカーシステム「IP200」を発表した。3月上旬の発売予定。価格はオープン。予想店頭価格は8980円。

photo 「IP200」

 米Tripath Technologyの「Class-T」1ビットデジタルアンプを搭載しており、ノイズの少ない、デジタルアンプでは苦手とされてきた「温もりがあり厚みのある音」が再現できるという。スピーカーには防磁仕様の2.5インチドライバを採用。背面には、低音を強調するバスレフポートが装備されている。

 本体正面中央にiPodを差し込むスタイルで、Dockコネクタを装備した第3/4/5世代iPodならびに、iPod miniとiPod nanoで利用できる。Dockコネクタはアップルコンピュータの純正部品を使用しており、サイズの違うiPodを装着できるよう、機種ごとのブラケットが付属する。iPodのバッテリー充電機能も備える。

photo 付属するリモコン。iPod nanoに近いサイズだ

 本体と同色のリモコンが付属し、IP200の音量調節のほか、iPod本体の操作(再生、停止、スキップ、早送り、巻き戻し、一時停止)が可能。ただし、第5世代iPodでは、ビデオ再生時の早送りと巻き戻しができない。

 カラーはホワイトとブラック。ステレオミニプラグを備え、iPod shuffleなどDockのないiPodや、他のオーディオプレイヤーも接続できる。サイズは310(幅)×145(奥行き)×118(高さ)ミリ。重さは750グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.