ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年04月03日 17時23分 公開

アイ・オー、REGZA「H3000」シリーズに増設できる320G/500GバイトHDD

アイ・オー・データ機器がeSATA対応の外付けHDD製品6モデルを発表した。東芝が同日リリースしたハイビジョン液晶テレビ“REGZA”「H3000シリーズ」の増設HDDとして利用できる。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は4月3日、eSATA対応の外付けHDD製品6モデルを発表した。320Gバイトもしくは500Gバイトの容量を持ち、東芝が同日リリースしたハイビジョン液晶テレビ“REGZA”「H3000シリーズ」との接続検証済み。価格はすべてオープンプライス。5月中旬に出荷を開始する予定だ。

photophoto ケース&リムーバブルHDDの「RHD-UXAシリーズ」(左)とカートリッジのRHD-320A/500A(右)

 RHD-UXAシリーズは、“足りなくなったらHDDを交換できる”カートリッジスタイルを採用した「RelationalHD」だ。eSATAと汎用性の高いUSB 2.0/1.1のデュアルインタフェースに対応している。一方のHDC-UXAは、HDD交換には対応しない外付けHDD。やはりeSATAとUSB 2.0/1.1の両方をサポートした。

製品型番 HDD容量 概要 実売想定価格(※1) 出荷日
RHD-UX320A 320Gバイト リムーバブルHDD&ケース 2万4800円 5月中旬
RHD-UX500A 500Gバイト リムーバブルHDD&ケース 3万6800円 5月中旬
RHD-320A 320Gバイト リムーバブルHDD(カートリッジ) 1万9800円 5月中旬
RHD-500A 500Gバイト リムーバブルHDD(カートリッジ) 2万8800円 5月中旬
HDC-UX320A 320Gバイト eSATA外付けHDD 2万4800円 5月中旬
HDC-UX500A 500Gバイト eSATA外付けHDD 3万6800円 5月中旬

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.