ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年05月11日 17時44分 公開

無駄足を踏んでみる:開店直前、アキバ「むだや」潜入記 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 そのほかにも、店内には思わず「無駄無駄無駄無駄ァ!」(最上級褒め言葉)と叫びたくなるモノばかり。そこで今回は、特別にオススメ商品ベスト5をカウントダウン形式で紹介しよう。

photo

第5位:「虎の敷物」。もちろんニセモノ。無駄な高級感を演出したい方に。3980円。

photo

第4位:「こづきボールペン」。ボタンを押すと手が伸びる。社内の無駄飯食いをこづくために使う。300円。

photo

第3位:「ストリップ・ダーツ」。ダーツが当たった場所の指示通りに服を脱がなくてはいけない(むだ毛に注意)。裏面は女性版になっているので、意外と実用的か。1280円。

photo

第2位:折ってはいけない「ムダ骨ペン」。でも、折らないと書けない。100円。

photo

第1位:「ジャッジペン」。記念すべきオリジナルグッズ1号。白と黒の2色があり、各180円。白黒つけたい人たちへ。


 「むだや」の営業時間は午前11時から午後8時まで。基本的に年中無休の無駄働きだ。なお、オープン記念キャンペーンとして、5月12日以降に商品を購入して「無駄無駄無駄無駄ァ!」と叫んだ人、先着500名様に「ムダ骨ペン」をプレゼントする(※1)。

photo こちらが地図。要するにドスパラ・プライム館の跡地

※1:本当は購入するだけでもらえるので、叫ぶと無駄な努力になる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.