ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年06月22日 12時12分 公開

ティアック、iPod Dock搭載のスタイリッシュなCDサウンドシステム

ティアックはiPod Dock搭載のCDサウンドシステム 「CD-X10i」を7月上旬から販売する。

[ITmedia]
photo 「CD-X10i」

 ティアックは6月22日、iPod Dock搭載のCDサウンドシステム 「CD-X10i」を発表した。7月上旬から販売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では3万円前後になる見込みだ。

 英New Transducers(NXT)のアルミハニカムNXTスピーカーを採用したスリムなデザイン。低音域をカバーするため、パワードサブウーファーを付属している。トータルパワーは25ワットで、高音/低音のトーンコントロールも可能だ。

 本体もスピーカーにあわせたフラットなデザインとし、操作ボタンにはスピン加工を施したアルミ素材を用いて高級感を演出した。壁掛け用のブラケットや取り付けねじが付属しており、設置の自由度は高い。

photo NXTスピーカーは1インチエキサイターを使用するタイプ。4インチコーン搭載のサブウーファーで低域をカバーする

 外部接続のiPod Dockを用いたiPod接続にくわえ、CDプレーヤー(CD-R/-RW対応)やAM/FMチューナーを搭載。ドック接続の場合は、付属のリモコンでiPodの操作が可能だ。チューナーではAM/FMそれぞれ10局をプリセットできる。

 対応するiPodは、第3世代(アップルのUniversal Dockアダプタが必要)、第4/第5世代iPodとiPod mini/nanoで、それぞれのドックアダプターが付属する。また、サイドパネルの外部入力端子を利用すれば「iPod Shuffle」や第1/第2世代iPod、そのほかのオーディオプレーヤーを接続することも可能だ。

 外形寸法は、本体が160(幅)×220(高さ)×86(奥行き)ミリ、スピーカーは1つあたり142(幅)×226(高さ)×70(奥行き)ミリ。重量は本体が1キロ、スピーカーは0.6キロ。サブウーファーは160(幅)×245(高さ)×335(奥行き)ミリ。重量は5.3キロとなっている。

関連キーワード

デザイン | iPod


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.