ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年07月23日 17時58分 公開

日立、8センチBDドライブなどBDカムコーダー基幹部品を開発

日立製作所が8センチBDドライブやフルHD対応カメラ画像処理用LSIを開発。Blu-ray Discカムコーダーの製品化が進むと期待される。

[ITmedia]

 日立製作所はフルHD映像に対応する基幹部品として、映像信号プロセッサーと8センチBlu-ray Disc/DVDドライブ、約530万画素のCMOS撮像素子を開発したと発表した(CMOS撮像素子は米Altasensとの共同開発)。映像信号プロセッサーにはカメラ画像処理用LSIも含まれており、記録メディアにBlu-ray Discを利用したカムコーダーの製品開発が進むものと期待される。

photo 左上から時計回りに映像/音声コーデックLSI、カメラ画像処理用LSI、CMOS、8センチBlu-ray Disc/DVDドライブ

 映像信号プロセッサーは2つのLSIが発表されており、映像/音声コーデックLSIはMPEG-4 AVCとMPEG-2、JPEGの3方式を1つのコアで処理可能。独自の高画質化アルゴリズムも搭載する。画面内の動きに応じてフレームまたはフィールドの予測処理を切り替える「適応型動き予測制御技術」を実装しており、動きの激しいシーンでも高精細な映像を実現する。もうひとつのカメラ画像処理用LSIは、輝度変化の大きな部分で被写体に発生する色変化を抑制するAdvanced CCM回路のほか「新適応型ノイズリダクション」も実装し、高解像度化と高いS/N比を両立するという。

 8センチBlu-ray Disc/DVDドライブは、BD-R/REならびにDVD-R/RW/RAMに対応した世界初のドライブ。2つ(BD用とDVD用)の光学系を搭載しながらも薄型ピックアップを採用するなどして従来のDVDカメラ用ドライブとほぼ同容積を実現した。また、搭載メモリを利用した間欠記録技術によって低消費電力化も実現した。

photo 同社が2007 International CESで展示していたBlu-ray Discカムコーダーのモックアップ

 CMOSは総画素530万画素で、プログレッシブ読み出し方式と原色カラーフィルタを採用。任意の画素領域を選択して読み込めるというCMOSの特性をいかして1920×1080ピクセル/60Hzという高速な読み出しを実現した。画素サイズは2.09マイクロメートル。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.