ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月04日 15時00分 公開

幅61センチの“リアル5.1ch”、ヤマハ「YSP-500」

ヤマハがデジタル・サウンド・プロジェクターの新製品「YSP-500」を発表した。幅610ミリのコンパクト設計としたことで、設置の柔軟性が向上。薄型テレビ用のオープンラックなどにも設置できる。

[ITmedia]
photo 「YSP-500」。610×220×120ミリのコンパクト設計で5.1ch再生を実現する

 ヤマハは10月4日、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-500」を発表した。10月下旬から販売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では7万5000円前後になる見込みだ。

 多数の小型スピーカーを用いて音をビーム状に放出し、壁面反射で5.1chサラウンドを実現するYSPシリーズの新製品。幅610ミリのコンパクト設計としたことで、設置の柔軟性が向上した。本体の奥行きは220ミリ、高さは120ミリとシリーズ最小。重量も8.5キログラムに抑えており、薄型テレビ用のオープンラックなどにも手軽に収納できる。

 フロントグリル内のユニットは合計16個。部屋の形状に合わせた設定をフルオートで行う「インテリビーム」、リモコンを持ったリスナーにビームを向けられる「マイビーム」などの機能を搭載。マイビームでは、リモコンの専用ボタンを長押しすることで、リスナーの位置を把握し、音の明瞭度を重視したシングルビーム(モノラル)としてリスナーに直接届ける。たとえば朝のダイニングルームなど騒がしい環境でもニュースの音声などをはっきりと聞き取ることができる。

 このほか多人数が映画などを鑑賞するシーンに適した「3ビーム」、コーナー設置でミュージックDVDなどを視聴する場合に有効な「ステレオ+3ビーム」、CDなどの音楽ソースやテレビ放送に合わせた「ステレオ」など6種類のビームモードを選択可能。近隣への音漏れを抑える「ナイトリスニングモード」や、テレビ視聴時にCMなどで急に音量が上がることを防ぐ「TV音量一定モード」も備えている。

 対応サラウンドフォーマットは、地上/BSデジタル放送のAAC 5.1chをはじめ、Dolby Digital、Dolby Pro Logic/Pro Logic II、DTS/DTS Neo:6など。サブウーファー出力端子と同社製サブウーファーとのシステム電源連動機能も備えた。

photophoto 同社製サブウーファーと電源連動が可能(非左)。付属のリモコンは主要メーカー製テレビなどのコードをプリセットしている

 内蔵アンプの出力は合計62ワット。入力端子はアナログ2系統と光デジタル2系統、同軸デジタル1系統となっている。リモコンや光ケーブル、音場設定用のマイク、サラウンド確認用DVDなどが付属する。

関連キーワード

ヤマハ | 5.1ch


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.