ITmedia NEWS >
連載
» 2007年10月09日 09時27分 公開

イナゴ少女、現る?――「リーピング」新作DVD情報

オスカー女優、ヒラリー・スワンク主演のオカルト・スリラー。最近のオカルト作品としては優秀、VFXを駆使した異常現象の数々も必見!

[本山由樹子,ITmedia]

リーピング 特別版

photo
(c) 2007 Warnerbros. Entertainment Inc. All rithts reserved.

 「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」で2度のアカデミー賞に輝いたオスカー女優、ヒラリー・スワンク主演によるオカルト・スリラー「リーピング」が、10月12日にDVD、HD DVD、Blu-ray Discの3フォーマットでリリースされる。

 DVDの特典映像は、専門家の話を交え、古代エジプトで起きたとされる10の災いに迫るドキュメンタリー「検証:十の災い」のほか、それぞれの役について、“ヘイブン”という町、リーピング:第七の災い、隠しボタンなど約30分を収録。HD DVD、Blu-ray Discの特典もDVDと同じで、価格は4980円。

 謎の現象を科学的に解明してきた大学教授のキャサリンは、ある日、元上司の神父から、「危険が迫っている」と告げられる。一方、アメリカ南部の小さな町、ヘイブンで、1人の少年が原因不明の死を遂げ、川の水が血の色に染まる怪現象が発生。それは旧約聖書の“十の災い”にそっくりな現象だった。町の教師ダグは、この不可解な出来事の解明をキャサリンに依頼する。

 川の水が赤いのはバクテリアのせいだと考えたキャサリンは、川の水を大学の研究所へと回すが、それが人間の血だということが判明。さらに、大量のカエルが降ってきたり、牧場の家畜が謎の病気で次々と死んだり、科学的に説明のつかない事件が続発する。神のなせる業と信じる村人たちは、神の怒りをもたらしたのは、死んだ少年の妹ローレンだと疑惑の目を向ける。

 「ゴシカ」や「13ゴースト」などで知られるホラー専門のダーク・キャッスル・エンターテイメント作品。ヒラリー・スワンクしかスターが出演していないので、その分CGに予算をかけたのか、異常現象がとにかく頻繁に登場し、見た目にもハデなので、必見。

 災いの象徴として、村人に忌み嫌われるローレンを演じたアナソフィア・ロブにも要注目。「チャーリーとチョコレート工場」で勝気なガム少女バイオレットを演じた子役で、スワンクに劣らない熱演を見せている。

 本作、劇場公開時には「イナゴ少女、現る」なんて、いかにもB級なキャッチコピーがついていた。イナゴを操る少女?半分イナゴの少女?と期待も膨らむが、実はイナゴ少女でもなんでもない。確かに大量のイナゴに人々が襲われるシーンは見せ場のひとつだが。イナゴ少女はさておき、これ、オカルト作品としては優秀で、普通に怖がり楽しむことができる。

関連サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thereaping/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp


リーピング 特別版
発売日 2007年10月12日
価格 3980円
発売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スタッフ 監督:スティーブン・ホプキンス/製作:ジョエル・シルバー、ロバート・ゼメキス、スーザン・ダウニー、ハーバート・W・ゲインズ
出演 ヒラリー・スワンク、デビッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アナソフィア・ロブ
上映時間 99分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 検証:十の災い、それぞれの役について、“ヘイブン”という町、リーピング:第七の災い、隠しボタン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.