ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年10月29日 15時01分 公開

「千早振る」から「甲子園の魔物」まで落語30席入りICレコーダー端から端まで見繕って持ってこい

オリンパスのICレコーダーに落語30席を収録した「ラジオデイズ 落語ギャラリー永久保存版30選」が発売。

[ITmedia]
photo 「ラジオデイズ 落語ギャラリー永久保存版30選」

 落語や朗読など音声コンテンツのダウンロード販売を行うラジオカフェは10月29日、オリンパスのICレコーダー「Voice-Trek G-20」に落語30席を収録した「ラジオデイズ 落語ギャラリー永久保存版30選」を11月1日より販売開始すると発表した。価格は3万9800円。

 2Gバイトのメモリを搭載するシリーズ最上位モデルであるVoice-Trek G-20(DS-60のバリーションモデル)に、柳家喬太郎の「怪談のりうつり」や瀧川鯉昇の「船徳」といった古典から、林家しん平の「仮面ライダーのゆうつ」といった新作まで合計30席、約19時間の噺を収録。演目のほか、演者自身による解説なども含まれる。

 「ダウンロードなんて面倒だ。エレキものは苦手で、買うことができない。何でもいいから端から端まで見繕って俺んとこまで持って来い!」(販売ページより)

 落語30席分の容量は約1.1Gバイト。その他の仕様はVoice-Trek G-20/DS-60と同様で、ダイマジックの音響技術「EUPHONY MOBILE(ユーフォニーモバイル)」を搭載しており、長時間のリスニングでも耳が疲れにくいという特徴も備える。9段階の早聞き・遅聞き機能を搭載し、ポッドキャストのダウンロードにも対応している。

 単四形アルカリ電池2本で約32時間、単四形ニッケル水素電池2本で約22時間の録音が可能(モノラルLPモード時)。着脱式マイクを採用したほか回路の改善を行ったことでクリアな録音を行える。サイズは111(高さ)×37.5(幅)×16(奥行き)ミリ。重さは80グラム(マイク、アルカリ電池含む)。

関連キーワード

ICレコーダー | Voice-Trek


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.