ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年11月26日 20時44分 公開

ドライブ情報を共有できる「カーウイングス」のサービスが開始

日産自動車「カーウイングス」で提供されている地図を介した情報共有サービス「カーウイングスビルダー」が一般開放。個人でもオススメのドライブ情報などを書き込める。

[ITmedia]

 日産自動車はテレマティクス「カーウイングス」のサービスの一部である「カーウィングスビルダー」の一般開放を開始した。

 カーウイングスビルダーは個人や企業、自治体などが発信したい情報をカーウィングスのWebサイトに登録することで、利用者がそれらの情報を取得できるサービス。10月の開始時点では館山・南房総市の「観光情報」、NEXCO東日本による「SA/PA情報(SA/PAで出会う逸品)」など企業及び自治体の情報が配信されていたが、今回の開放により、IDを取得すれば個人でも情報の登録・配信が可能となった。IDの取得は「CARWINGS Lab」(カーウイングスラボ)より行う。

 投稿に際してカーウイングスナビのユーザーである必要はなく、近日中には携帯電話からの投稿も可能となる予定。ID取得料金は無料。また、カーウイングスの会員ではなくても、携帯電話から投稿された情報を閲覧することができる。携帯電話にGPS機能が搭載されていれば、現在位置にあわせた情報を取得することも可能だ。

 また、同社が運営するドライブに関する情報サイト「日産DRIVE NAVI」とカーウイングスラボとの連携も計られ、日産DRIVE NAVIに投稿された情報がカーウィングスの「現在地周辺のクチコミ観光スポット」から閲覧可能となった。

関連キーワード

日産自動車 | 地図 | テレマティクス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.