ITmedia NEWS >
インタビュー
» 2008年06月12日 16時57分 公開

プチプチ、エダマメに続く新シリーズ:情け無用の「5秒スタジアム」へようこそ (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 格付け音声を担当した「5秒マン」さんです。彼は世界の平和を守るため、そして人々の笑顔を守るため、今日も5秒で止め続けるニューヒーロー。6月19日からの「東京おもちゃショー2008」では、バンダイブースのステージにゲスト出演する予定です。

――5秒マンが「5秒ジャスト!」を連発するわけですか。それは楽しみです

 いえ。実は、5秒マンさんは、ぴったり止めるのが“うまい”わけではありません。

――え?

 5秒マンの一番の特技は「5目並べ」だそうです。ちなみに、好きな食べ物は、五目寿司にごぼう。出身地は五反田です。

―― ……

 ぶっちゃけますと、5秒ジャストを出し続けるのは、人間には不可能なようです。人間の感覚には“ゆらぎ”があって、誤差は必ず生じるものです。誤差のバラつきを少なくすることはできても、確実に5秒で止め続けることはできません。これは東北大学大学院の岩崎祥一教授に聞いたお話ですが、「もし確実に5秒で止められる人間が存在するとしたら、それは人間の限界を超えている。“機械”のようなものだ」と。とはいえ、われわれとしては発売後に“確実に5秒で止める”人間の限界を超えた人間が現れるのを楽しみにしています。

――なるほど

photophoto 「5秒スタジアム」のカラーバリエーションは「ブラックレッド」「ブラックホワイト」「ホワイトブルー」「ホワイトグレー」の4色(左)。「10秒チキンレース」の画面(右)

 5秒スタジアムには、5秒ぴったりにするモードのほかに、10秒を超えずにギリギリ(9.99)を目指す「10秒チキンレース」、画面に表示されるカウントを見ながら練習できる「練習モード」、そして5秒マンさんが大活躍する「チャレンジモード」があります。

 チャレンジモードでは「0.2秒以内に止めろ」などのお題が次々に出され、クリアすると5秒マンが必殺技を繰り出して“迷惑怪人”やザコキャラを倒します。逆に失敗すると、5秒マンがやられてしまいます。全部で20のステージがあり、ラスボスを倒すと全クリアです。

 ただ、課題はどんどん厳しくなっていきますし、コンティニューもありませんから、かなり難しいと思いますよ。開発者の高橋でも「ステージ19」が最高記録です。まだクリアした人間は存在しません。

――キビシーですね。そういえば高橋さんは腱鞘炎で療養中と聞いてますが、“熱く”なりすぎてしまったのでしょうか

 いえ。パソコンの打ちすぎやデバッグ作業といった「仕事のやり過ぎが原因」というのが、われわれの公式見解です。そういうことにしておいてください。

――そういうことにしておきましょう

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.