ITmedia NEWS >
レビュー
» 2008年10月24日 18時08分 公開

BD/DVDレコーダー特集:BDへの“こだわり”が詰まったソニー「BDZ-X95」(前編) (4/5)

[坪山博貴,ITmedia]

時短もお出かけも、トップクラスの「見る」へのこだわり

 同社の製品は自動録画機能に注目が集まりがちだが、実際には「見る」へのこだわりも強い。自社製LSIに専用回路を組み込み、映像、音声を解析して本編とCM間、ハイライトシーンに自動でチャプターを設定する「おまかせチャプター」機能を真っ先に搭載したのもソニーだ。残念ながら旧モデル同様に「おまかせチャプター」が機能するのは1つ目の録画ユニットのみであり、後述する「ダイジェスト再生」が利用できるのも同じ条件になる。この点は次のモデルに期待するしかないだろう。

 BDレコーダーでは三菱電機の製品でも採用されているが、本機でも特徴として挙げられるのが、録画番組から見所シーンのみをピックアップして再生する「ダイジェスト再生」だ。録画時に音声やシーンチェンジ情報などを解析、記録しておき、再生時に5段階で全体の再生時間を選択できる。番組ジャンルを指定することでピックアップするアルゴリズムが変わり、より最適な見所シーンの再生ができる。

 例えば、ニュースなどではシーンチェンジがピックアップする重要なポイントになっているし、野球や相撲といったスポーツ中継では音声での盛り上がっているシーンを少し前から再生することで、盛り上がった理由が分からないといったことはない。音声付きの早見再生も併用できるため、効率良く内容を把握できる。リモコンでは1ボタンでダイジェスト再生と早見再生がON/OFFできるので、例えばスポーツ中継なら途中までダイジェスト再生+早見でさっと見て、後半は普通にじっくり見るといった使いこなしも簡単だ。

photo

 「ダイジェスト再生」では番組ジャンルと再生時間の選択が可能。もっとも番組ジャンルは初期値として電子番組表でのジャンル分けがそのまま適用されるので、ほとんどの場合設定を行う必要はない

photophoto 番組再生中には確認しながら全再生時間の選択ができる。リモコンの「青」でダイジェスト再生のON/OFF、「黄」で音声付早見再生のON/OFFが可能だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.